浮気相手に慰謝料請求した時の旦那の反応は?慰謝料請求の仕方や旦那の反応を知る方法

浮気相手に慰謝料請求 旦那の反応
  • 「旦那の浮気相手に慰謝料を請求したいけど、どうしたらいい….?
  • 「慰謝料を請求しようとしたら、旦那はどんな反応をする?

旦那さんの浮気が発覚し、浮気相手に慰謝料を請求したいと悩んでいらっしゃるのですね?

慰謝料請求したら旦那の反応は?」「慰謝料請求の仕方は?」「慰謝料の金額は?」など、慰謝料を請求するにあたって多くのことを考えなくてはなりません。

慰謝料請求するにあたって、悩んでいる方はこの記事がオススメです。記事を読めば、どのように請求すればいいのかが分かります。

また、浮気相手に慰謝料を請求するにあたって、旦那さんの反応はどうなるでしょうか?

今回は、浮気相手に慰謝料を請求した場合の旦那の反応や、慰謝料の請求方法やタイミング、浮気の慰謝料はどれくらいもらえるか、また慰謝料を請求しない方がいい場合などを解説していきます。

  • 浮気相手に慰謝料請求した時の旦那の反応は?
  • 慰謝料請求に反対し浮気相手をかばう心理は?
  • 浮気相手への慰謝料請求の仕方は?
  • 浮気相手に慰謝料請求するタイミングはいつがいい?
  • 浮気相手に慰謝料請求する金額はどれくらい?
  • 慰謝料請求をしない方がいい場合は?
  • 浮気相手に慰謝料請求して離婚しない方法はある?

記事を読む前に、先に結論を知りたい人へ…

結論から言うと、「浮気相手に慰謝料を請求したいけど、旦那の反応が気になる….」という人に、まずおすすめするのは「電話占いウィル」です。

24時間営業なので、夢を見てハッと起きてしまったときでも直ぐに相談することができます。

占いウィルは、約200人の占い師が在籍する、日本最大級の占いサイトです。

ウィルで占いを受ける場合、無料登録後に人気の占い師を『1人占め』できる最優先予約チケットをもらうことができます。

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試せますよ。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

他にも、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、公式サイトをチェックしてみてください。


≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

目次

浮気相手に慰謝料請求した時の旦那の反応は?

浮気は「ごめんね」で許されるものではありません。

浮気を知ってしまった以上、慰謝料請求をするのは正当な権利でもあります。

では、慰謝料を請求した時の旦那の反応はどうでしょうか?

ここでは、慰謝料を請求したときの旦那の反応を3つ、ご紹介していきます。

浮気する方が悪いとは思いますけどね….。

意見に同意する

まず1つ目の反応は「意見に同意する」です。

だいたいの旦那さんが、この反応を見せると言います。

慰謝料を請求するのは正当な権利であり、浮気をした側がとやかく言えることではありません。

よって、意見に同意するのが旦那さんの反応としても当たり前、と言えるでしょう。

また、意見に同意することで「自分の罪を少し軽くしたい」という考えもあるかもしれません。

どちらにせよ、意見に同意する場合はあなたと離婚をしようとは思っていないでしょう。

また、浮気したことを反省しているとも言えます。

相手をかばう

2つ目の反応は「浮気相手をかばう」です。

やってはいけない反応です。

旦那さんとしては「浮気は、浮気相手と自分の2人でしたことであり、相手にだけ請求するのはかわいそうだ」と考えているでしょう。

責任は自分にもある、と考えているパターンです。

さらに最悪なパターンですと、慰謝料を肩代わりしようとします。

とても責任感があり誠実そうに見えますが、一番配慮すべきは奥さんのあなたです。

私はきっとこれを言われたら、キレると思います。

まだ浮気相手に情があり、浮気という夢から覚めていないようなので、ぜひ目を覚まさせてあげてください。

反対し逆ギレする

3つ目の反応は「反対し逆ギレする」です。

これは一番最悪なパターンです。

だいたい2割くらいの男性が、反対し逆ギレするようです。

さらに最悪なのが「慰謝料請求するなら、離婚する」と脅してくるパターンもあります。

自分のしたことを棚に上げて、堂々と言ってのけるそうです。

浮気という夢からまだ覚めていない上に、どこまでも自分が一番大切なのでしょう。

離婚する覚悟なら良いですが、もし旦那と再構築を望んでいる場合は、慰謝料請求も慎重にした方が良いでしょう。

浮気をする時点で最低ですが、かばったり逆ギレしたりはもうどうしようもないですね….。

慰謝料請求に反対し浮気相手をかばう心理は?

浮気相手に慰謝料請求するのは、正当な権利です。

ですが、旦那が浮気相手をかばうと腹立たしいし、悲しくなりますよね。

では、浮気相手をかばう心理にはどういったものがあるのでしょうか?

ここからは、慰謝料請求に反対し浮気相手をかばう心理について解説していきます。

いい加減夢から覚めてほしいですね….。

嘘がバレたくない

1つ目は「嘘がバレたくない」という心理です。

あなたに対して、何かしら嘘をついている可能性があり、それがバレるのを恐れているのです。

例えば「“妻と別れて離婚する”と浮気相手には言ってあった」などですね。

慰謝料請求することになると、浮気相手も黙っていることはできません。

また、慰謝料請求するにあたって、浮気相手とコンタクトをとることになります。

そうなると、会話の中などで嘘がバレてしまう可能性があるでしょう。

自分自身の保身のために、浮気相手をかばって慰謝料請求に反対し、あなたが浮気相手にコンタクトをとることを止めたいのです。

何もなかったことにしたい

2つ目は「何もなかったことにしたい」という心理です。

とても自分勝手な話ですが、旦那さんはあなたに浮気がバレた時点で「終わったこと」と考えているかもしれません。

もう浮気相手とも別れたのだし、これ以上引っ張らなくてもいいだろう」と思っているでしょう。

そうして、何もなかったことにして日常にかえろうとしているのです。

口では殊勝なことを言いながらも、結局は自分のことしか考えていないでしょう。

慰謝料請求をするとなると、浮気相手からも怒られたり、文句を言われる可能性があります。

自分の保身のために、面倒なことを起こしたくないという心理なのでしょう。

面倒を避けたい

3つ目は「面倒を避けたい」という心理です。

浮気相手に慰謝料請求するとなると、浮気相手も黙ってはいません。

怒ったり、文句を言ってくるでしょうし、相手によっては家に乗り込んでくる可能性もあります。

自分が蒔いた種とは言え、そういった面倒なことは避けたいと考えているのです。

さらに、慰謝料請求をするとなれば、旦那さんもまた浮気の話をしなくてはならないでしょう。

とても自分勝手な心理ですが、浮気がバレた時点で終わったことである、と考える男性は少なからずいます。

面倒ごとを起こしたくない心理により、慰謝料請求に反対し浮気相手をかばうのです。

離婚してもいい

4つ目は「離婚してもいい」という心理です。

あなたと離婚してもいい、と思っているから旦那さんは浮気相手をかばう姿勢を見せたのかもしれません。

そもそも、浮気をしたのも何かしら家庭に不満があり、あなたとの結婚生活に嫌気がさしていた可能性もあります。

そういった場合、あなたと離婚をして浮気相手と一緒になろうと考えているかもしれません。

そのため、慰謝料請求に反対し浮気相手をかばったのでしょう。

もしかしたら、浮気相手のことが本気で好きになってしまった可能性もあります。

あなたが離婚を考えていない場合、浮気相手に慰謝料請求をするのは慎重にした方が良いでしょう。

かばう心理は、ほぼほぼ自己保身のために起きているのです。

浮気相手への慰謝料請求の仕方は?

今まで生きてきて、慰謝料請求をしたことがある人は何人いるでしょうか?

慰謝料請求をしたことがない人の方が多いでしょう。

そうなると、慰謝料をどのように請求するのか相手に直接話すのか裁判を起こすのか分からないことだらけです。

ここからは、慰謝料請求の仕方について解説していきます。

慰謝料請求において、必要なのは書面で残すことです。その辺りも詳しく解説していきます。

内容証明などの書面で請求

慰謝料請求を自分で行う場合は、内容証明などの書面で請求をするのがオススメです。

内容証明という言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、これは「内容証明郵便」のことです。

内容証明郵便を使うメリットは「いつ」「誰が」「誰に」「どういった内容の郵便を送ったか、が記録される点です。

そのため、慰謝料請求の郵便が「届いていない」とか「見ていない」ということを防ぐことができます。

慰謝料の請求書の書き方などは、インターネットで検索すると請求書のサンプルを見ることができますので、サンプルを使って請求書を書きましょう。

内容証明郵便に法的効力はありませんが、生きていて受け取る機会はなかなかないため、相手を絶望へ落とすような心理的効果を与えることができるでしょう。

直接相手に請求する

2つ目の方法は、直接相手に請求するやり方です。

こちらは、相手に直接コンタクトをとり、電話やメールもしくは会って話をする必要があります。

相手との話し合いで慰謝料請求の合意が得られれば裁判などをする必要はありません。

ですが、書面で残しておくことは大切です。

後から「言った」「言わない」などの水掛け論になる可能性もありますし、慰謝料の支払いがされない可能性もあるためです。

また、直接相手に請求する方法は精神的に負担が大きいのが特徴です。

浮気相手と直接やり取りする中で、感情的になってしまったり傷ついたりする可能性もあります。

そのため、あまりオススメできる方法ではありません。

裁判手続きで請求する

3つ目の方法は、裁判手続きで請求するやり方です。

浮気相手に直接交渉したり、内容証明郵便を送っても相手が応じない場合は、裁判をして請求する必要が出てきます。

その場合は法的な知識が必要になるため、弁護士に依頼しましょう。

弁護士に依頼することで、あなたの負担も多少少なくなるはずです。

浮気相手とのやり取りも弁護士を通してになるため、精神的にも少し楽になるのではないでしょうか。

また、裁判手続きで請求する場合「浮気があった」という証拠が必要になります。

写真やメールのやり取りなど、どんな証拠であっても保管しておくことをオススメします。

慰謝料請求は、精神的な負担も大きいです。できることなら、弁護士を雇った方が物事もスムーズに進むでしょう。

浮気相手に慰謝料請求するタイミングはいつがいい?

浮気相手に慰謝料を請求するならば、タイミングは早めが良いでしょう。

というのも浮気の慰謝料請求には時効があります。

浮気を知ってから3年以内でないと、慰謝料を請求することができなくなるのです。

また、浮気を知って数カ月経ってからだと、旦那さんと再度浮気について話をしなくてはならなくなります。

旦那さんとしては「終わったこと」となっている可能性もあるため、あまり協力的ではなくなるでしょう。

旦那さんが悪いのはもちろんですが、あなたもそういった態度の夫を見るのはイヤでしょうし、ストレスもかかります。

そのため、慰謝料を請求するのであれば、早めに手続きを進める方が良いのです。

浮気の事実に傷つき悲しい時に、慰謝料の請求まで考えなくてはいけないのは大変ですが、弁護士などの力を借りてでも早めに進めましょう

浮気相手に慰謝料請求する金額はどれくらい?

浮気相手に慰謝料請求するさいの金額は「離婚しない場合」と「離婚する場合」で異なります。

離婚しない場合は、50~100万くらいが相場となっています。

また、離婚する場合100~300万が相場です。

こんなに金額が違う理由は、夫婦関係に与えた影響によって金額が変わるからです。

浮気が発覚して、離婚を選択する場合は「夫婦関係を破綻させる要因になった」という点で、慰謝料の金額が上がるのです。

ですが、浮気によって与えた影響は離婚するしないに関わらず、それぞれ異なるでしょう。

あくまでも相場は相場であり、精神的な苦痛により病気を発症したなど、総合的に判断して慰謝料がもっと高くなる可能性もあるのです。

相場だからと言って、あなたの心の傷を隠す必要はありませんよ。

慰謝料請求をしない方がいい場合は?

慰謝料請求をしない方がいい場合、というのはいくつかあります。

まず、1つ目は「証拠がない場合」です。

浮気の決定的な証拠がなく本人たちも否定している状態では、そもそも請求できない可能性があります。

2つ目は「相手から危害を加えられる危険性がある場合」です。

旦那さんや浮気相手が、慰謝料請求に逆上して危害を加えてこないとは限りません。

もしも、そういった危険性がある場合は慰謝料請求はせずに逃げた方が良いでしょう。

3つ目は「夫婦関係に波風を立てたくない場合」です。

慰謝料を請求すると伝えることで、旦那さんと喧嘩になってしまったりすることもあります。

再構築を考え、波風を立てたくない場合は慰謝料請求はしない方が良いかもしれません。

浮気相手に慰謝料請求して離婚しない方法はある?

浮気相手に慰謝料請求をして離婚しないというのは、もちろん可能です。

慰謝料請求は離婚することを条件としないため、離婚をせずに浮気相手だけに慰謝料を請求することもできます。

慰謝料を請求することで、浮気相手が悪いことをしたという事実を突きつけ、関係を断つこともできるでしょう。

また、離婚は有責側から請求することは認められていません

そのため、旦那さんの方から「離婚をしてほしい」と言われても受け入れる必要はないのです。

ですが、これはあくまで「離婚できないだけ」であって、家出してしまったり家計にお金を入れてくれなくなったりする可能性はあります。

有責側から離婚請求できないというのは、必ずしもあなたを守るためのものではないので注意が必要です。

浮気相手だけに慰謝料請求することは、あなたの中で区切りをつけるためには有効な手段だと思われます。

慰謝料請求した時の旦那の反応が気になる時に試したい占い

  • もし、浮気相手だけに慰謝料請求したら…あの人、どうする….?
  • 本当は波風立てたくない….でも区切りをつけたい….どうしたらいい?

浮気の事実を知って、あなたはたくさん傷つき悲しんできたでしょう。

さらに慰謝料請求で旦那さんとモメるかもしれないと不安もありますよね。

あなたが、1人で悩み続けているなら占い師に相談するのが一番です。

結論、まずは以下2つの無料占いを試してみるのがオススメです。

慰謝料請求した時の旦那の反応が気になる人におすすめしたい占い

エキサイト占い
電話占いウィル

慰謝料請求した時の旦那の反応を知る方法①エキサイト占い

公式サイト▶︎https://d.excite.co.jp/

エキサイト占いでは、多数の占い師が在籍しており、あなたの悩みに光をもたらしてくれます。

あなたが慰謝料請求で旦那さんの反応が気になるのなら、「相手の気持ち」や「夫婦関係」などの占いがおすすめです。

エキサイト電話占いは、占い業界でも老舗(大手)であり、200名を超える占い師が在籍しています。

厳選された本物に相談できるエキサイト占い!
  • 登録特典として、予約困難な人気占い師を試せる「占い師優先予約サービス」という特典がある
  • 徹底して「占い師の質」にこだわり、占い師としての登録審査は100人に3人しか合格できない
  • 音信不通の悩みに強い占い師が多く在籍している
  • 無料登録するだけで初回合計最大6,500円分無料
  • プライバシーマークを取得しており、個人情報の管理が徹底されているので安心&安全


また、占い師として採用をするのに、かなり厳しいオーディション審査を設けており、合格率はたったの3%。

無料登録すると初回合計最大6,500円分が無料になるため、「慰謝料請求したいけど、旦那の反応が気になる….」という人には最適の占いになります。

⬇︎公式サイトはこちら⬇︎
https://d.excite.co.jp/

慰謝料請求した時の旦那の反応を知る方法方法②電話占いウィル

占い業界では希少な実店舗を持つ、電話占いウィルも「もし、慰謝料請求したら旦那はどんな反応するのだろう….」というときにオススメです。

ウィルで初めて鑑定を受ける場合、人気の占い師を『1人占め』できる、最優先予約チケットをもらえます。

そのため、彼の気持ち占いなどを得意とする香桜先生など、他にも有名な占い師に『夫婦間の気持ち』について占いをお願いすることが可能です。

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試すことが可能です。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

当サイトでは、彼の気持ちを占う場合は香桜先生りんご先生をおすすめしており、どちらの占い師も人気で予約が困難なほどです。

また、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、ウィルの公式サイトをチェックしてみてください。

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

まとめ:慰謝料請求する場合は冷静に。第三者に相談するのがおすすめ

浮気の事実でツラいときに、慰謝料請求のことまで考えなくてはならないとなると、あなたの心は一杯一杯なのではないでしょうか?

旦那さんの反応が気になったり、今後の夫婦関係のことが気になるなら、1人で悩み判断するよりも占い師に相談するのがオススメです。

先ほど紹介した占いサイトは、無料でお試しいただけますので、ぜひあなたの悩みに答えを出させてください。

※ウィルでの初回特典

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

「浮気相手に慰謝料請求 旦那の反応」を検索する人がよく思う質問4選

夫に内緒で慰謝料請求はできますか?

内緒で慰謝料請求は可能です。ですが、浮気相手が慰謝料請求されたことを夫に伝える可能性は十分あります。また、浮気相手には「求償権」という権利が発生します。浮気は2人の責任のため、その責任負担分を相手に請求することができるのです。なかなか内緒で、というのは現実問題難しいでしょう。

旦那の浮気相手に慰謝料請求するにはどうすればいいですか?

浮気相手に慰謝料請求するには「浮気相手と直接やり取り」か「内容証明を送る」か「調停・裁判をする」かになってきます。直接やり取りをしたり、自身で内容証明を送るなどは精神的に負担が大きいのが問題です。また、調停や裁判となると弁護士を雇う必要があるため、お金がかかってくるでしょう。

浮気相手に慰謝料請求する際の相場は?

離婚しない場合、50~100万円が相場です。離婚する場合は、100~300万円が相場となっています。「夫婦関係に与えた影響」により金額が変わりますので、離婚しない場合は影響は少ないと考えられ少なくなるのです。

浮気相手に慰謝料請求する弁護士費用はいくらですか?

弁護士事務所にもよって異なるため一概には言えませんが、だいたい50万円以上はかかるでしょう。弁護士に支払う内容は着手金成功報酬金などがあり、成功報酬金は慰謝料請求で支払われる金額の10~20%ほどにしている事務所や、段階ごとに金額設定している事務所もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次