離婚は言った方が負け?離婚した方がいい夫婦の特徴はある?有利に進める方法は?

離婚 言った方が負け
  • 「離婚したいけど、自分から言ってもいいもの….?」
  • 「離婚は言った方が負け、って聞くけど、我慢しろってこと….?」

あなたは現在、パートナーと離婚したいと悩んでいらっしゃるのですね。

離婚したい理由はさまざまだと思いますが、離婚は言った方が負けという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

離婚は言った方が負け、なら我慢して結婚生活続けろってこと?

実際、離婚は言った方が負けと言われる理由はなんなのでしょうか?

また、離婚を切り出すときに注意する点はあるのでしょうか?

今回は、離婚は言った方が負けなのか、また切り出す時の注意点、離婚をしたほうが良い夫婦の特徴や有利に進めるポイントまで解説していきます。

  • 離婚は切り出した方が不利になるのか?
  • 離婚を自分から切り出すときに注意点は?
  • 離婚した方がいい夫婦の特徴は?
  • 離婚を有利に進めるためのポイントは?

記事を読む前に、先に結論を知りたい人へ…

結論から言うと、「離婚したいけど、自分から切り出してもいい…?」という人に、まずおすすめするのは「電話占いウィル」です。

24時間営業なので、夢を見てハッと起きてしまったときでも直ぐに相談することができます。

占いウィルは、約200人の占い師が在籍する、日本最大級の占いサイトです。

ウィルで占いを受ける場合、無料登録後に人気の占い師を『1人占め』できる最優先予約チケットをもらうことができます。

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試せますよ。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

他にも、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、公式サイトをチェックしてみてください。


≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

目次

離婚は切り出したほうが不利になるのか?

離婚は言った方が負け」なんて言葉がありますが、実際どうなのでしょうか?

たとえ、もう別れるものだとしても、離婚を切り出したがために不利になるなんて嫌ですよね。

ここからは、離婚は切り出した方が不利になるのか?ということを解説していきます。

離婚を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

離婚は言ったほうが負け?

離婚は言ったほうが負け、という言葉がありますが、結論から言うとそんなことはありません。

言われた方が負けることだって、大いにあります。

また、離婚話を切り出した方にペナルティがあるわけではないのでご安心ください。

離婚をするには、まず双方の話し合いが必要です。

そこでまとまらない場合は調停、裁判の流れになります。

まずは、双方の話し合いが必要なため、どちらかが切り出さないことには話し合うことはできないでしょう。

そのため、離婚を切り出したからと言って、負けとか不利になるとかはないので大丈夫です。

離婚を切り出したほうが不利になると言われる理由は?

離婚を切り出したほうが不利になると言われる理由は「相手に法定離婚事由がない場合」や「離婚を切り出した後に心変わりした場合」ではないでしょうか。

まず、初めの「相手に法定離婚事由がない場合」とは、相手に離婚を認めるほどの非がないことです。

離婚を拒否されて、調停へ進んだ場合にこの法定離婚事由は重要になります。

これが認められないと離婚できなくなり、あなたが不利になるのです。

また2つ目の「切り出した後に心変わりした場合」です。

あまりないとは思いたいですが、離婚を切り出したけど「やっぱりなかったことに」はできません

相手の心には傷が残りますし、それを理由に逆に離婚を言い渡される可能性もあります。

しっかりと考え、覚悟を決めて切り出しましょう。

離婚のときに不利になる言動は?

離婚のときに不利になる言動は「相手の名誉を傷つけるような言動」です。

結婚生活の中でも、離婚を切り出したあとでも相手の名誉を傷つける言動は、絶対にしてはいけません。

例えば、相手のことを貶したり相手が恥をかくようなこと(会社に乗り込むなど)は自分が不利になるためしてはいけません。

離婚の理由は、さまざまで相手に非がある場合も多いでしょう。

相手に腹が立つ気持ちも分かります。

ですが、相手に非があるからと言って、相手の名誉を傷つけるとこちらが不利になります。

結婚生活の中でも、離婚協議中の中でも気をつけなくてはいけません。

いきなり離婚を切り出すのは不利になる?

いきなり離婚を切り出して不利になるか、は状況により異なります。

例えば、仕事をしていない専業の人が離婚を切り出した場合、その後1人で生活できるでしょうか?

また、不倫などが原因で離婚を切り出す場合、証拠が揃っていないと慰謝料がもらえないこともあります。

いきなり離婚を切り出して不利にならないのは、1人で生きていける力があり、相手に非がある証拠なども揃っている場合です。

離婚を切り出すことは、初めの一歩のように感じるかもしれませんが、そうではありません。

事前準備も必要ですし、自分の心に「離婚してもいいか」と何度も問いかけることも必要です。

それらをせずに、いきなり離婚を切り出すのは得策とは言えません。

離婚を切り出したからと言って不利にはなりませんが、事前準備や決意がかたまっていないと不利になるかもしれません。

離婚を自分から切り出すときに注意点は?

事前準備もできており、たくさん考えても「離婚したい」と思うのであれば、いよいよ切り出すときでしょう。

勇気がいるものだと思いますが、自分から離婚を切り出すときに注意点などはあるのでしょうか?

ここからは、離婚を切り出すときの注意点を7つ解説していきます。

離婚の話をするときは、さまざまな点に注意が必要です。

感情的にならずに伝える

注意点1つ目は、感情的にならずに伝えることです。

離婚を切り出すときは、冷静さが求められます。

相手に非があったりする場合、思い出して責めたくなってしまうこともあるでしょう。

ですが、離婚のときに不利にならないように、事実だけを淡々と伝えることが大切です。

感情的になると、自分でも後悔するようなことを言ってしまったり、相手も感情的になり、収拾がつかなくなります。

結果、話し合いが長引いてしまう可能性があるのです。

また、一方的にこちらだけが話すのではなく、相手の話も聞く必要があります。

もしも、感情的になってしまいそうな人は、弁護士など第三者を交えて話をするようにした方が良いでしょう。

相手を責めることばかりを考えない

注意点2つ目は、相手を責めることばかりを考えないことです。

不倫やモラハラなど、相手に非がある場合は、相手を責めることもあるでしょう。

ですが、相手を責めすぎると、相手も感情的になったりして話が進みません

もしかすると、悪化して最悪の結果を招く可能性もあるでしょう。

あなたが今求めることはなんでしょうか?

「離婚する」ということであって、相手を自分と同じだけ傷つけてやることではないはずです。

相手に非があって、ツライ日々を過ごしたあなたがいたのは事実です。

ですが、それをぶつける場ではありませんので、忘れないようにしましょう。

話をするときは二人きりの時間がつくれる場所で

注意点3つ目は、話をするときは2人きりの時間がつくれる場所ですることです。

離婚の話を切り出すときは、冷静に話をする必要があります。

さらに「離婚して」「いいよ」で終わる話ではなく、時間がかかります。

お互いにゆっくりと時間をかけて冷静に話ができるように、2人きりの時間がつくれる場所が良いでしょう。

もしも、相手が感情的になりやすく、DVなどの恐れがある場合は、逆に2人きりで話をしない方が良い場合もあります。

その場合は、弁護士など第三者を交えて話をするか、代理で話をしてもらった方が良いでしょう。

必ずしも2人きりで話をしないといけないわけではありませんので、状況などに合わせた話し合いの場が必要です。

子どもに悪影響がある

注意点4つ目は、子どもに悪影響があることです。

離婚を考えている人は、痛いほど分かっているとは思いますが、離婚は子どもに影響を及ぼします。

子どもにとって、親はあなたとあなたの配偶者です。

それは、離婚しようが変わりません。

「子どもがまだ赤ちゃんだから分からない」と思っても、いずれは大きくなり片親であることに疑問をもつでしょう。

そして、片親であることを気にする場合もあるかもしれません。

また、子どもが小学生や中学生など自我が芽生えている場合には、すぐにでも影響が出るでしょう。

このように子どもへの影響をどうするか、も考える必要があります。

一緒にいることで心身が疲弊する

注意点5つ目は、一緒にいることで心身が疲弊することです。

離婚は長期戦になる可能性があります。

そのため、離婚が同意されるまでの間は一緒に暮らさなくてはならない場合もあるでしょう。

子どもの前ではいつも通りの夫婦を演じたり、近所や親せき付き合いも普段通りこなさなくてはならないなど。

自分で選択したこととはいえ、これは想像以上にストレスがかかります。

さらに、離婚話も進めなくてはならないため、かなりの気力と体力が必要になるでしょう。

そういった覚悟がないと、離婚を切り出すのは難しいのです。

どんなときでも冷静に

注意点6つ目は、どんなときでも冷静にいることです。

相手と離婚話をしていく上で、どうしても感情的になりそうになることもあるでしょう。

相手を責めたり、自分の気持ちを一方的に話したりと感情が入ると人間は理性を失うこともあります。

うっかり、不利な言動をとってしまい後悔することもありますし、話が進まなくなります

感情的になりやすいと思う方は、離婚話をするときは弁護士などの第三者を交えてするのがオススメです。

人がいることで冷静になりやすく、もしも感情的になっても第三者が止めてくれます。

そういったストッパーになってくれそうな人を交えて話すことで話も進みやすくなるでしょう。

お金の話は最終的な話し合いで

注意点7つ目は、お金の話は最終的な話し合いですることです。

離婚を切り出してすぐにお金の話をすると、離婚に同意してもらえなくなる可能性があるからです。

あなたの最終目的は離婚することであって、お金をもらうことではありません。

もちろん、慰謝料や財産分与などの話をしっかりとしておきたい気持ちは分かりますが、離婚の同意を得てからするべきです。

まず、離婚を切り出した後は、子どもがいれば子どものことこれから先の生活などをしっかりと話し合って決めるのが良いでしょう。

そして、最終的な話し合いになったときにお金の話をするのが良いと思われます。

注意点はいくつもありますが、難しい場合は第三者に入ってもらうのが一番です。

離婚をしたほうがいい夫婦の特徴は?

結婚をすると、相手のさまざまな面が見えてきて「こんなはずでは…」と感じている人もいるのではないでしょうか?

そういった点が小さなことならお互い様で済みますが、大きなことになるとそうはいきませんね。

ましてや、こちらに被害が及ぶとなれば、離婚も止む無しではないでしょうか。

ここからは、離婚したほうがいい夫婦の特徴を3つ紹介していきます。

付き合っていた時には分からなかった相手の短所とかも目につきますよね….。

浮気や不倫がある

離婚したほうがいい夫婦の特徴1つ目は、浮気や不倫があるケースです。

浮気や不倫は、法定離婚事由に当てはまり、離婚理由としても比較的多いです。

結婚する以上は、1人の相手と添い遂げることを求められます。

不倫をすることで、家族だけでなく友達は去っていき最悪の場合職を失うこともあります。

また、相手が不倫に気づいていると、家庭での空気もギスギスしたものになります。

子どもがいる場合は、子どもへの悪影響も考えられるでしょう。

もしも、あなたが不倫をされている側の場合は、ひどくツライ日々を過ごされていると思います。

そういった場合は、自分のため、子どものためにも離婚をしたほうが良さそうです。

DV・モラハラなどの実被害がある

離婚をしたほうがいい夫婦の特徴2つ目は、DV・モラハラなどがあるケースです。

体への暴力心への暴力、または人を貶めるような言葉、態度など。

そのようなことがある場合は、離婚したほうが良いでしょう。

ただ、DVやモラハラの被害を受けている人は、意外と気づかない人も多いです。

自分のためを思ってやってくれている、言ってくれている」と思っている人も多く、加害者側は外面の良い人も多いため、周囲も気づかない場合があります。

ですが、物理的な暴力や言葉の暴力、相手を貶める言葉は、どんな関係でもどんな理由でもしてはいけません。

相手に対して、少しでも恐怖心があるならば、いろいろと調べてみた方が良いでしょう。

金銭感覚が合わない

離婚したほうがいい夫婦の特徴3つ目は、金銭感覚が合わないケースです。

例えば、パートナーが散財するタイプで毎月赤字になってしまうとか。

また、倹約しすぎて一定水準以上の生活ができていない場合もあるでしょう。

パートナーと金銭感覚が合わない場合、どちらかにストレスが溜まっていきます

また、お金のことで喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。

そういった場合は、離婚をしたほうがいいと考えられます。

金銭感覚は、自分が育ってきた環境などによって異なります。

なかなか難しい点ではありますが、一定水準以下の生活を強いられるのであれば、離婚を考えたほうが良いでしょう。

上記3つのケースは離婚をするのも止む無しでしょう。

離婚を有利に進めるためのポイントは?

離婚をするにあたって、これから先の生活などを考えて比較的有利に進めたいと思うでしょう。

不倫やDVなど慰謝料がもらえるようなケースでは、情報収集なども含めて慎重に進める必要もあります。

ここからは、離婚を有利に進めるためのポイントを5つご紹介していきます。

貰えるものはもらえるように、有利に進めましょう。

まずはしっかりと情報収集を行う

離婚を有利に進めるポイント1つ目は、しっかりと情報収集を行うことです。

離婚をするにあたってしなくてはいけないこと、話し合うにあたっての注意点など。

インターネットなどで検索しても良いですし、第三者に相談しても良いでしょう。

また、自分自身の生活のことなども考えなくてはなりません。

そのため、就職活動住まいをどうするか、なども情報を集める必要があるでしょう。

情報収集や考えることが多く大変ですが、これがあなたの武器にもなります。

武器を持っていれば、離婚を有利に進められるようになるはずです。

離婚条件は譲歩することも念頭に

離婚を有利に進めるポイント2つ目は、離婚条件は譲歩することも念頭に置いておくことです。

離婚を進めるにあたって、財産分与や家子どもなど離婚条件は必須です。

離婚条件は、いくつかパターンを作っておいたり譲歩する範囲をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

全部を譲歩する必要はありませんが、いくつか「これくらいなら良いか」と思える範囲を作っておくことで、相手も同意しやすくなります。

確実に離婚するためには、頑なな姿勢ではなく柔軟な姿勢も求められます。

譲れないところは譲らず、譲れるところは譲って、離婚を有利に進めましょう。

論理立てて話せるように事前準備を行う

離婚を有利に進めるポイント3つ目は、論理立てて話せるように事前準備を行っておくことです。

話し合いをする上で、やってはいけないのは感情的になることです。

離婚の話し合いでは、不利な言動などをしないように冷静な話し合いが求められます。

また、話しをする中で相手に伝わらないのでは意味がありません。

論理立てて話せるようにすることで、相手が理解しやすくなり、また解釈の違いなどを少なくすることができるでしょう。

事前に台本のようなものを作っておいても良いですし、必要な箇所だけ抜き出してまとめても良いと思います。

あなたが論理立てて話ができるように事前準備をしっかりとしておきましょう。

話し合いでの決定事項や結果は記録に残す

離婚を有利に進めるポイント4つ目は、話し合いでの決定事項や結果は記録に残しておくことです。

話し合いをしていく中で、決まっていくことや結果などはしっかりと紙やデータで残しておきましょう。

なぜなら、後々「言った言わない」になると大変だからです。

この記録は、離婚するまでの間だけでなく、離婚後も取っておくのをオススメします。

例えば、慰謝料や養育費などお金の受け取りが滞ったりした際にも記録が有効になるからです。

離婚において、情報や記録はとても重要な役割があり、あなたの武器でありお守りになります。

必ず記録はとるようにしましょう。

専門家の力を借りる

離婚を有利に進めるポイント5つ目は、専門家の力を借りることです。

先に挙げたポイントを、自分だけで行うのは難しいと感じる場合は、遠慮なく弁護士などの専門家の力を借りましょう。

情報収集や離婚条件の範囲、話し合いなどを、弁護士があなたと一緒に考えてくれます。

DVやモラハラなどが離婚理由の場合は、あなたの代わりに話し合いの場に出てくれます。

また、他の専門家ですと、不倫などの証拠を集めるために探偵などの力を借りることもあるでしょう。

あなたが、1人では難しいと感じるときは、専門家を頼ってみるのもオススメです。

5つのポイントをおさえて、あなたが幸せになれる道を進んでください。

離婚したほうがいい?相手との相性や将来を知りたい時に試したい占い

  • もうやっていけない….離婚したほうがいいの….?
  • もしも、離婚しない未来と離婚した未来….私の未来はどうなる….?

離婚をしようか悩んでいるあなたの心は重く暗くなっているでしょう。

考えることもやることも多い離婚ですが、もしも離婚しなかったらどうなるのでしょうか?

離婚をするかどうか悩んでいるなら、占い師に相談するのが一番です。

結論、まずは以下2つの無料占いを試してみるのがオススメです。

離婚に迷っている人におすすめしたい占い

エキサイト占い
電話占いウィル

離婚に迷っている。相手との相性や将来を知りたい①エキサイト占い

公式サイト▶︎https://d.excite.co.jp/

エキサイト占いでは、多数の占い師が在籍しており、離婚した将来やしない将来などを知ることもできます。

離婚を悩んでいるのであれば、「相手の気持ち」や「将来」などの占いがおすすめです。

エキサイト電話占いは、占い業界でも老舗(大手)であり、200名を超える占い師が在籍しています。

厳選された本物に相談できるエキサイト占い!
  • 登録特典として、予約困難な人気占い師を試せる「占い師優先予約サービス」という特典がある
  • 徹底して「占い師の質」にこだわり、占い師としての登録審査は100人に3人しか合格できない
  • 音信不通の悩みに強い占い師が多く在籍している
  • 無料登録するだけで初回合計最大6,500円分無料
  • プライバシーマークを取得しており、個人情報の管理が徹底されているので安心&安全


また、占い師として採用をするのに、かなり厳しいオーディション審査を設けており、合格率はたったの3%。

無料登録すると初回合計最大6,500円分が無料になるため、「離婚をしようか迷っている」という人には最適の占いになります。

⬇︎公式サイトはこちら⬇︎
https://d.excite.co.jp/

離婚に迷っている。相手との相性や将来を知りたい②電話占いウィル

占い業界では希少な実店舗を持つ、電話占いウィルも「離婚したらどうなる….?」というときにオススメです。

ウィルで初めて鑑定を受ける場合、人気の占い師を『1人占め』できる、最優先予約チケットをもらえます。

そのため、彼の気持ち占いなどを得意とする香桜先生など、他にも有名な占い師に『自分の将来』について占いをお願いすることが可能です

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試すことが可能です。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

当サイトでは、彼の気持ちを占う場合は香桜先生りんご先生をおすすめしており、どちらの占い師も人気で予約が困難なほどです。

また、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、ウィルの公式サイトをチェックしてみてください。

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

まとめ:離婚をしたいと思ったら、第三者に相談するのがおすすめ

離婚をしたいと思っても、自分の将来なども不安になりますよね。

離婚で悩んでいるのであれば、占い師に相談するのがオススメです。

先ほど紹介した占いは、無料でお試しいただけますので、あなたの悩みをぜひ解決してください。

※ウィルでの初回特典

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

「離婚 言った方が負け」を検索する人がよく思う疑問4選

離婚は言い出したほうが不利ですか?

言い出したほうが不利ということはありません。離婚は言われても不利になります。ですが、相手に法定離婚事由がない場合は、離婚できる理由がありませんので、相手から同意してもらえず不利になる可能性はあります。

離婚の最大の原因は?

離婚の最大の原因は、性格の不一致が一番多いです。次いで、不倫などの異性関係で、その次くらいにDVなどの暴力が原因になります。

離婚するのに不利な条件は?

不利な条件は、不倫をしていたですとか、暴力があったなどがあります。また、お金を家に入れないや家事をしないなどの悪意の遺棄も不利な条件に当てはまります。

離婚すると何が大変ですか?

離婚をするまでも大変ですが、離婚したあとは周りへの説明新たな環境での生活など大変なことはまだまだあります。子どもがいる場合は、1人で子どもの対応に追われますのでなかなか休む暇もないでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次