ペットの遺骨におけるスピリチュアルな意味とは?ペットの供養について解説

ペットの遺骨 スピリチュアル
  • 大好きだったペットが亡くなってしまった…供養するためには遺骨はどうすれば良い?
  • ペットの遺骨はそばに置いておきたい…けど、どこに置いておいたら良い?

大事な家族とも言える「ペットの死」。

動物とはいえ、過ごした期間関係なく家族として過ごしてきたペットの死はとても切なく、つらいものですよね。

亡くしてしまった寂しさに耐えられず、ペットの遺骨をそばに置いているという方もいるのではないでしょうか?

しかし、供養の方法によってはペットが成仏できない可能性もあります。

ペットの供養について悩んでいる方にはおすすめの内容となっています。本記事を読み終えたあとには、ペットの遺骨の供養方法などを確実に知れるようになっています。

人間が亡くなった場合、49日をもって墓へ納骨するという決まりがあるのは、故人の魂が死後の世界へ向かうタイミングであり、死後の家であるお墓や納骨堂に遺骨を移動させるためです。

ペットの遺骨を人間のお墓に入れるのは法的な問題ありませんが、墓地の宗派によっては納骨できないケースがあります。

そのため、ペット専用の納骨堂に納骨したり、手元供養と行って自宅で遺骨を供養するという方法が一般的です。

そこで本記事では、「ペットの遺骨はどうすれば最適な供養ができるのか」と悩むあなたに向けて、以下の内容を解説していきます。

  • ペットの遺骨におけるスピリチュアルな意味とは?
  • ペットの納骨方法別に考えるスピリチュアルな意味は?
  • ペットの遺骨置いてはいけない場所はあるの?
  • ペットの供養について遺骨の置き場所
  • スピリチュアルな観点で考えるペットの遺品
  • ペットの遺骨で悩んでいる時に試したい占い

記事を読む前に、先に結論を知りたい人へ…

結論から言うと、ペットの遺骨はどうすれば最適な供養ができるのかという人に、まずおすすめするのは「電話占いウィル」です。

24時間営業なので、夢を見てハッと起きてしまったときでも直ぐに相談することができます。

占いウィルは、約200人の占い師が在籍する、日本最大級の占いサイトです。

ウィルで占いを受ける場合、無料登録後に人気の占い師を『1人占め』できる最優先予約チケットをもらうことができます。

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試せますよ。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

他にも、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、公式サイトをチェックしてみてください。


≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

目次

ペットの遺骨におけるスピリチュアルな意味とは?

ペットが亡くなってしまうと、寂しさや悲しみで一杯になりますよね。

ペットの亡骸を火葬し、遺骨を家の中などの手元に置くと、寂しさや悲しみで家の中が満たされるようになるのです。

ペットというのは、未練や執着のない生き物であり、亡くなるとあの世に向かいやすいといわれています。

しかし、飼い主がいつまでもペットの遺骨や遺品に執着してしまうと、ペットは地縛霊の類として家の中をさまようことになりかねないともいわれているのです。

ペットの遺骨を自宅に飾っていてもポジティブな気持ちを維持できていれば、ペットは成仏していて守護霊となって好影響与えてくれます。

一方、ネガティブに感じているなら、ペットの霊がまだ現世に残っていて悪影響を与えているという可能性があるため注意が必要です。

つまり、飼い主の気持ちと行動次第によっては、手放せないペットの遺骨は良い影響・悪い影響をもたらすことになるでしょう。

ペットの納骨方法別に考えるスピリチュアルな意味は?

ペットの遺骨をどう納骨すれば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そばに置いておきたいからと家の中で供養したり、庭先やペット専用の納骨堂に納骨するなど、さまざまな方法をとられているのも事実です。

大事な家族の一員であったからこそ、ペットの供養もしっかりしてあげたいところですよね。

そこで、ペットの納骨方法別で考えられるスピリチュアルな意味を見ていきましょう。

家の中に置く

「ペットと離れたくない」「寂しがるといけないから一緒にいてあげたい」という飼い主の想いから、骨壺をそのまま自宅で供養する「手元供養」をしている方もいます。

ペットの遺骨を家に置くことは、亡くなってしまった愛するペットを身近に感じ続けることができますが、精神的な健康や家庭環境に影響を与える可能性があるともいわれているのです。

手元にペットの遺骨を置いていることで、心の安寧が保てるのであればプラスになりますが、もしストレスや不安を感じるようになったのであれば、他の供養方法を選ぶのが良いでしょう。

庭に埋める

ペットの遺骨を庭に埋めることは、「自然への還元」という意味があり、飼い主の心の安らぎをもたらす供養方法といわれています。

ペットの遺骨を庭に埋めることで、ペットが生前愛していた環境で永遠に留まることを意味し、地に根ざした形でペットとの絆を表現することができるからです。

家の中に遺骨を置くよりも、大好きな外で安置してあげた方が自由度高いため、ペットも喜ぶとされています。

火葬してから庭に埋める場合は、骨壺から出して土に触れさせてあげれば、より自然に近い状態で供養できるでしょう。

ペット霊園の納骨堂

ペットの遺骨を庭に埋めることができるのは、持ち家や土地を保有している方のみの方法であるため、集合住宅などに居住している人は庭がないため、お骨を埋めることができません。

そのため、自宅での手元供養が終わったらペット霊園の納骨堂に納骨する飼い主もいます。

中には、「ずっと一緒にいたい」と願う飼い主が、自身が亡くなった後一緒にペットと遺骨と納骨してもらえるという納骨堂もあるのだとか。

施設管理者が毎日供養を行ってくれるだけでなく、飼い主の気が向いたときにお参りや供養ができるため、大事なペットをしっかり供養してあげたいという願いが叶えられる方法です。

樹木葬や海洋散骨で土や自然に還す

人間の葬法にも取り入れ始めている「樹木葬」「海洋散骨」など、土や自然に還す自然葬をペットの供養方法として取り入れている方もいます。

ペットの自然葬については一部の自治体を除き、特に取り決めはありません。

そのため、ペットが自由に走り回れるようにと大好きだった自然の中に還してあげるというのも、飼い主が最期にできる思いやりです。

自然から生まれ自然に還っていくという世界観をお持ちの方には、願ってもないメリットがあるといえる供養方法といえます。

遺骨アクセサリー

ペットの遺骨は、愛するペットとの絆を感じるための大切なものです。

スピリチュアルな観点から、ペットの遺骨は魂のエネルギーを持つといわれており、遺骨を持つことでペットとのコミュニケーションを感じることができるといわれています。

ペットの遺骨を大切に扱うことで、ペットの魂に感謝の気持ちを伝えることができるということや、ペットと離れることがつらいため、「遺骨アクセサリー」で遺骨を身に付ける方もいるのです。

遺骨アクセサリーはロケットペンダントや指輪型が主流で、ペットの遺骨を樹脂で固め、アクセサリーに加工したものとなっています。

ペットロスに耐えられない飼い主や、他にももっといろんな所に連れて行ってあげたいという想いから、遺骨アクセサリーを選択している飼い主も多くいるのです。

ペットの遺骨置いてはいけない場所はあるの?

ペットの遺骨を自宅に置いたり、自然に還そうと散骨する方法はありますが、遺骨を置いてはいけない場所というのがあります。

自宅であれば、人目につく玄関や客間・生活の中心となるキッチンや寝室は風水の観点からも避けるべき場所です。

これらの場所は、日常的にペットの死を意識してしまうこととなり心理的な負担となるため、ストレスや不安を引き起こす可能性があるからです。

また、自然に還そうと散歩道やペットのお気に入りの場所に埋めるときも注意が必要となります。

ペットのお気に入りの場所が人が沢山歩く場所であり、埋めた後も誰かが踏み歩くような場合は、ペットも落ち着くことができないので避けたほうが良いでしょう。

ペットの供養について遺骨の置き場所

ペットの遺骨を供養するために、最適な置き場所とはどこなのでしょうか?

手元供養をするにしても、置き場所によっては飼い主の運気を左右することがあるため、注意が必要となります。

そこで、ペットの遺骨を置く場所について良いパターンと悪いパターンを見ていきましょう。

良いパターン

手元供養として部屋に置く場合は、家の北西の位置に遺骨を置くことで、亡くなったペットの魂が安らぐとされています。

また、置く部屋として仏間が好ましいのですが、窓やドアがあって気の循環がしやすく、明るい部屋に置くほうが良いでしょう。

他にも、ペットの遺骨を東に向けて置くと、ペットの魂が新たな旅立ちを迎えるという意味を持たせることができます。

新たなペットを迎える場合は、東側に向けて供養するか適切な方法で散骨・納骨するのが好ましいでしょう。

というのも、東方向に遺骨を置くとペットの死を「新たなスタート」と捉えることができ、前向きな気持ちで供養を行うことができるといわれているからです。

悪いパターン

手元供養をするにしても、長く遺骨を放置して、ホコリが溜まってしまったり汚くなっていたら運気を低下する物となってしまいます。

また、遺骨を置き始めてからなにか家族に不幸なことが起きるようであれば、遺骨や遺品が運気に影響している可能性もあるのです。

さらに、成仏できないペットの霊がいると、不眠やイライラを起こしたり、悪夢を見やすくなるなどの悪影響が出るかもしれません。

数年前に火葬された遺骨を見て、未だに悲しみが湧いてくるのは、ペットに執着して囚われ過ぎている証拠です。

いずれにしても、頃合いを見て自然のなかに散骨するのがベストといえるでしょう。

スピリチュアルな観点で考えるペットの遺品

ペットの遺品を持つことで考えられるスピリチュアル的な意味はどのようなことが考えられるのでしょうか?

手放したくないという方もいれば、そろそろ手放した方が良いのかなと悩んでいる方もいることでしょう。

そこで、ペットの遺品に対するスピリチュアルな観点を見ていきましょう。

手放した方がいい?

ペットの遺骨をそばに置くことで、心の安寧が得られるのであれば、プラスな意味になるのでそばに置いておいたほうが良いでしょう。

しかし、逆にストレスや不眠・家庭内で何かトラブルが多くなってきた場合は、遺骨がマイナスな気を引き寄せている可能性があります。

またペットの存在に執着しすぎてしまうのも、ペットが安心して成仏できない状態となってしまうため良くありません。

ある程度時間がたったら、遺骨を手放し、適切な方法で供養するようにした方がベストです。

手放せない場合は?

どうしても遺骨やペットの遺品を手放せないという場合は、アクセサリーにして持ち歩いたり、無理に手放さずに置いておくほうが良いでしょう。

遺品についたペットの香りや毛で温もりを感じられたり、気持ちが落ち着くのならそばに置いておいた方がプラスになるためです。

遺品を箱にしまってたまには開けて思い出を振り返ったり、手合わせをして供養する場所を作るといった方法もあります。

また、ペットの毛で筆などのアイテムを作ったりするのも良いですね。

ペットの遺骨で悩んでいる時に試したい占い

  • 大好きだったペットが亡くなってしまった…供養するためには遺骨はどうすれば良い?
  • ペットの遺骨はそばに置いておきたい…けど、どこに置いておいたら良い?

愛しいペットが亡くなってしまい、遺骨となってしまえばコミュニケーションすらとることができません。

ペットの遺骨をどうして良いか・ペット自身もどうして欲しいか分からないときは占いに頼ってみましょう。

結論、まずは以下2つの無料占いを試してみるのがオススメです。

ペットの遺骨で悩んでいる人におすすめしたい占い

エキサイト占い
電話占いウィル

ペットの遺骨に関する悩みを解決する方法①エキサイト占い

公式サイト▶︎https://d.excite.co.jp/

大好きだったペットが亡くなってしまった…供養するためには遺骨はどうすれば良い?

ペットとは会話をすることが難しいため、亡くなった後どうして欲しいかは分かりません。

亡くなってしまったペットが安心して成仏できるような供養方法を聞くには、「エキサイト電話占い」がおすすめです。

エキサイト電話占いは、オンラインで手軽に利用できる占いサイトとなっています。

恋愛占いや心理占いなど、さまざまなジャンルの占いがあり、ペットの供養方法を聞くには、「霊視」や「ペットの気持ち」などの占いがおすすめです。

エキサイト電話占いは、占い業界でも老舗(大手)であり、200名を超える占い師が在籍しています。

厳選された本物に相談できるエキサイト占い!
  • 登録特典として、予約困難な人気占い師を試せる「占い師優先予約サービス」という特典がある
  • 徹底して「占い師の質」にこだわり、占い師としての登録審査は100人に3人しか合格できない
  • 音信不通の悩みに強い占い師が多く在籍している
  • 無料登録するだけで初回合計最大6,500円分無料
  • プライバシーマークを取得しており、個人情報の管理が徹底されているので安心&安全


また、占い師として採用をするのに、かなり厳しいオーディション審査を設けており、合格率はたったの3%。

無料登録すると初回合計最大6,500円分が無料になるため、ペットの供養方法が知りたいという人には最適の占いになります。

⬇︎公式サイトはこちら⬇︎
https://d.excite.co.jp/

ペットの遺骨に関する悩みを解決する方法②電話占いウィル

ペットの遺骨はそばに置いておきたい…けど、どこに置いておいたら良い?

遺骨をそばに置いておきたい…だけどどこが一番ペットも喜び、家の中でも悪影響が出ないのか知りたいということもあるでしょう。

占い業界では希少な実店舗を持つ、電話占いウィルも「ペットの遺骨をどこに置いたら良いのか知りたい…」というときにオススメです。

ウィルで初めて鑑定を受ける場合、人気の占い師を『1人占め』できる、最優先予約チケットをもらえます。

そのため、ペットの気持ち占いや霊視などを得意とする香桜先生など、他にも有名な占い師にペットの遺骨をどこに置いたら良いのか知りたい…について占いをお願いすることが可能です。

※ウィルでの初回特典

美味しいご飯屋さんは予約が必要なのと同じで、普通は予約が困難な占い師であっても、初回の特典を使うことで試すことが可能です。

占いウィルのおすすめポイント
  • テレビに出演したことがあり、相性占いが可能な有名占い師が多い
  • 24時間営業なので、夜中でも試せる
  • 占い師の採用では厳しいオーディション審査をしており、100人に3人程度しか合格できない
  • 会員登録するだけで3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 会員登録するだけで初鑑定最優先予約チケットがもらえる

ウィルでは、初回登録でもらえる『初鑑定最優先予約チケット』を利用することで、普通であれば人気で予約が取れない占い師を試すことができます。

当サイトでは、ペットの気持ち占いや霊視などは香桜先生りんご先生をおすすめしており、どちらの占い師も人気で予約が困難なほどです。

また、月ごとにお得なキャンペーンを実施しているため、ウィルの公式サイトをチェックしてみてください。

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

まとめ:自分にあったペットの遺骨を適切な管理方法を。

可愛がっていたペットが亡くなってしまい、遺骨になってしまったという悲しみはなかなか癒えません。

そばに置いておきたいという気持ちもあるでしょうし、最適な供養方法でしっかり成仏させてあげたいなど、さまざまな想いがあるでしょう。

言葉を交わせなかったペットだからこそ、亡くなった後どうして欲しいか分からない事の方が多いはずなので、そんなときは占い師を頼ってみましょう。

あまりに悲しみにくれ、執着しすぎてしまうとペットも安心してこの世を去ることができないかもしれません。

大事な家族であったからこそ、そのペットに対して最適な供養方法を占い師に尋ねてみると良いでしょう。

ペットの遺骨や供養方法はどうすれば良いのか…と悩むのであれば、まずはこちらで紹介した2つの占いを無料で試してみください

※ウィルでの初回特典

≫とりあえずウィルへ無料登録してみる

公式サイトはこちら⬇︎
https://d-will.jp/

「ペットの遺骨 スピリチュアル」を検索する人がよく思う疑問4選

ペットの遺骨を置いていけない場所は?

キッチン・リビング・寝室・玄関など、日常的に活発な場所やリラックスする場所・目に触れる場所はおすすめできません。

静かに過ごせるようにするためにも、仏間や静かな部屋に安置してあげるのが良いでしょう。

ペットの遺骨を自宅に保管するのは良くないですか?

ペットの遺骨を自宅に保管するのは、良くも悪くもありません。

飼い主がペットをそばに感じられることで気持ちが落ち着くのなら、自宅に保管し毎日手合わせをして供養してあげると良いでしょう。

ただし、雑に保管したりほこりを被るような状態になってしまうのなら、納骨堂に納骨したり、庭やペットが生前お気に入りだった場所に埋骨してあげた方がベストです。

遺骨を供養できないでいると、マイナスな気が漂い、トラブルが起きやすくなってしまいます。

ペットの遺骨を置いていい場所は?

ペットの遺骨を自宅の中で置いて良い場所は、仏間などの静かな場所です。

仏間がなければ、ドアや窓があり、明るくて静かな部屋が良いでしょう。

締め切った部屋は気が滞りやすくなってしまうので、気を換気できる部屋に安置してあげましょう。

遺骨はいつまで家に置いとくことができる?

人間の遺骨は49日を迎えたら墓地に納骨した方が良いといわれていますが、ペットの遺骨は特に大きな決まりはありません。

そばに置いておきたいと思うのなら、ずっと置いておいても良いでしょう。

ただし、手合わせ供養や遺骨の管理がしっかりできなくなってきたら、別の供養方法に切り替えることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次