厄年で死ぬ確率は高いのか?厄年にするといい事についても徹底調査!

厄年 死ぬ確率
  • 「今年、厄年なんだけどどうしよう。なんだか怖い。厄払いしたほうがいい?」
  • 「なんだかよくないことばかり起こるんだけど、厄年のせい?」

神社などに行くと、厄年表が貼り出されていたりして、ついつい確認したりしませんか

友人たちと話していても、「来年厄年なんだよねー」などと、厄年が話題になり、

なんとなく、厄年の年は厄除けのお守りを買ったり、神社にお参りに行ったりします。

なぜ厄年が注目されるのか理由もわからず、また、実際に厄年にはどうしたらよいのか悩まされていては、ストレスが溜まっていくのも当然です。

そのタイミングで本記事にたどりついて本当によかった!本記事を読み終えたあとには、どう過ごせばよいのかを確実に知れるようになっています。

一方で、偏った情報に踊らされて対処法を間違えてしまうと、ネガティブな思いに囚われてしまう可能性もあります。

もしかしたら、重要となるかもしれない通過儀礼。解釈を間違えて残念な結果になるのだけは避けたいですよね。

そこで本記事では、「厄年はどう過ごしたらよいのか」と悩むあなたに向けて、以下の内容を解説していきます。

  • 厄年で死ぬ確率は高いのか?
  • そもそも厄年とは?
  • 厄年にするといい事
  • 厄年はくだらない?
  • 厄年に災いを避けるための効果的な対処法
  • まとめ:自分に合った対処法で災いを避け心地よく厄年を迎えよう!
  • 「厄年 死ぬ確率」を検索する人がよく思う疑問4選
目次

厄年で死ぬ確率は高いのか?

厚生労働省が発表した簡易生命表によると、60歳までの平均死亡率は10%以下で、

統計データや科学的なデータから調査した内容を確認しても「厄年の死亡率があがっている」というデータはありません。

むしろ、当然ながら70歳以上の高齢になるほど死亡率が高くなる傾向にあります。

江戸時代には30代前半だった平均寿命が、現在は82歳を超えるまでに延びてますし、生活習慣もまったく異なるので、

400年以上前からの厄年が、現代人にも当てはまるとは限りません。

今は、「新厄年」として、男性が24、37、50、63歳、女性が25、39、52、63歳という説が出てきています。

そもそも厄年とは?

厄年とは、はるか昔より日本に根付いてきた風習で、端的に言えば、「災いが降りかかりやすい」年齢のことを言います

厄年とは、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい人生の転換期のことで、古来より、そんな人生の節目を「厄年」として忌み慎んできました。

日本では平安時代かそれ以前より一般的に浸透している風習のようです。

科学的な根拠はなく、迷信めいたものだったり、どちらからといえば経験的な根拠に基づいたものと考えられます。

厄年の起源

中国古代の陰陽道の教えがはじまりと言われていますが、はっきりしたことはわかっていないようです。

最も大きな厄年である「大厄」とされる男性42歳、女性33歳は、昔の日本では家を子に託したり、

子育てを終える年齢でもありました。

そんな時期だからこそ、難を呼び込む行動を慎み、厄を払って平穏無事を祈る、という儀式が広まったようです。

厄年の数え年とは

厄年の数え方は、日本の伝統的な年齢の数え方となります。

生まれた年を1歳と数え、その後毎年1歳ずつ加算していく「数え年」で計算されます。

生まれた年を含めて数えるため、西洋式の年齢計算法で言う満年齢より1歳多くなるということです。

たとえば、西洋式で18歳の時が日本の数え方では19歳にあたり、女性の本厄となります。

男性の厄年

男性の厄年は25歳・42歳・61歳と言われています

厄年の年齢は「本厄」と呼ばれますが、その前年を「前厄」、後年を「後厄」といい、

前厄から後厄までの3年にわたって気を付けて過ごすべきといわれています。

25歳に結婚、42歳頃に仕事上重要な役割(もしくは中間管理職的な位置)につく、61歳定年して生活が変わる。

というような、変化への注意を促しているとも言われています。

女性の厄年

女性の厄年は19歳・33歳・37歳と言われています

厄年の年齢は「本厄」と呼ばれますが、その前年を「前厄」、後年を「後厄」といい、

前厄から後厄までの3年にわたって気を付けて過ごすべきといわれています。

19歳に結婚、出産。33歳に子育てや社会生活においての繁忙期。37歳に子育て終了。

というような、変化への注意を促しているとも言われています。

厄年に起こる事とは

天運味方せず」と言われ、仕事、事業、商売のことだけでなく、病気、家族間の心配事が加わり、

悩みごとが多発すると言われています。

そのせいでストレスが溜まったり、心身のバランスが崩れたり。

集中力が欠けることによってのトラブルを呼び込み、悪循環になりやすい状況になりやすいです。

これらは、昔からの通過儀礼のひとつと捉えてよいかと思います。

厄年にするといい事

一般的に厄年には、起業・結婚・新築・引っ越しなどの大きなイベントは避けるべきと言われています。

あまり動いたりしない方がよいイメージがある厄年。

じゃあ、なにもしない方がよいのか。といえども、仕事でなにもしないわけにはいかないですよね。

では、どうしたらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

健康に気を付ける

昔はこの年齢の時期に大きな変化があり、ストレスを溜めやすい時期が重なっていました。

現在は生活習慣が変わり、平均寿命も伸び。細胞寿命的なものも変わってきているかもしれませんが、

逆に常にストレスを感じる弱い身体になっていたり、高齢になっても働く可能性があります。

厄年を、自分の身体を大事にする切っ掛けとして使うのが有効かと思われます。

エネルギーの循環を整えるためにも、食事に気をつけ、適度の運動をして、よい睡眠をとる

そんな日々のことを丁寧に見直してみるとよいかもしれません。

無理をしない

極端な仕事の負担や過密なスケジュールを組む、過剰な運動など身体に負担をかける行動は控えましょう

無理をすると、気持ちに余裕がなくなるので、エネルギー循環が滞ってしまう可能性が高いからです。

どちらかというと、力を抜いて柔軟に受け止めるような心構えでいると良い方向にいきます。

欲を出したり、「もっと、もっと」と自分主導で動くより、人のために手助けをするくらいのスタンスがちょうどよいかもしれません。

もしかしたら、その代わりに動いてくれる人の成長の機会を見ることになるかもしれません

他人を信頼し、その後の自分の動き方を見直す切っ掛けに繋がる可能性もあります。

心配しすぎない

厄年だからといって、異常に怖がることはありません

むしろ、その不安やネガティブな思いが、逆にそういったものを引き寄せてしまう可能性があります。

もし、どうしても不安を拭いきれないのであれば、厄払いや、厄落としをして、気分転換をするとよいでしょう。

もしくは厄年であることを逆手にとって、「厄年だから仕方がないか」と開き直ってしまうのもよいかもしれません。

できない、動かないことも厄年のせいにして、ゆっくり過ごす言い訳にする手もあります。

自分のエネルギー状態を確認し、その循環をよりよいものにするために一旦休憩するイメージでいるとよいかもしれません。

厄年はくだらない?

厄年は、昔でいうところの就職、結婚、出産、子供の自立、退職など、大きな節目に合わせて設定されていたという説があります。

現在は平均寿命も長くなり、晩婚、もしくは結婚や出産をしない方も増えてきましたので、

そういった意味では当てはまりにくい傾向があるのかもしれません。

ただ、日々忙しさ(楽しいことも含めて)に追われて「自分」というものを落ち着いて見ることがしにくいこのご時世。

厄年という年を利用して自分のメンテナンスをはかる切っ掛けにするのはとても有効かと思われます

現代向けに新厄年として、男性が24、37、50、63歳、女性が25、39、52、63歳という説も出てきているので

そちらも合わせて参考にするとよいかもしれません。

厄年を「不運や不幸が訪れる」という解釈でなく、落ち着いて自分を見つめ直すための通過儀礼として捉えるとよいかもしれません。

厄年に災いを避けるための効果的な対処法

エネルギーバランスが崩れないように、心身共に穏やかに過ごすことが理想です。

受け流す手段として、楽しめる趣味や娯楽を持つことで、心の安定を図りましょう。

生活習慣を見直し、質のよい食事や睡眠が取れるようにするのもお勧めです

家族や友人とのコミュニケーションを大切にし、心の支えとなる人間関係を築くことも重要ですね。

困難に直面したときも冷静かつ柔軟に対応することで、厄年を乗り越える力になります。

断捨離をしたり、身の回りの整頓をしたり。部屋の模様替えをしたりして

住んでいるところを整えるのもよいかもしれません

そして、普段見すごしがちな自分の中にある本来の思いなども整えておく機会にすると、充実した時間を過ごせます。

そういう時だからこそ、自分の状態を確認し、自分自身や周りを大切にする時間を増やすことが大事なのです。

まとめ:自分に合った対処法で災いを避け心地よく厄年を迎えよう!

厄年だからといって、必要以上に警戒する必要はないですが、不安要素は作らない方がよいので、

起業・結婚・新築・引っ越しなどの大きなイベントは避けたほうがよいかもしれません。

必要ならば、厄払い厄除けなどをしてもらい、気軽にできる厄落とし的なことをルーティーンにするようにするのも有効です。

それも全て、自分がネガティブな思いに囚われないために、です。

今ある「当たり前のこと」が本当は当たり前ではないかもしれないことに注目し、

生きていることに感謝し、自分自身や周りの人々や環境に感謝し。

いつも以上に細部にわたって「丁寧に」関わるようにしていくと、よい風が吹いてきます。

大事なのは、自分がポジティブな思いでいること

周りに惑わされずに、自分に合った対処法を見つけることが大事です。

もし、不具合が起きたとしても、逆に「厄年だから仕方がないか」くらいで受け流せるとよいかと思います。

「厄年 死ぬ確率」を検索する人がよく思う疑問4選

厄年で一番ひどいのは?

男の42歳、女の33歳は「大厄」と呼ばれており、特に注意が必要な年齢と言われています。

42歳は(死に)、33歳は(散々)という語呂合わせもよく耳にします。

厄年になると何が起こるのか?

「天運味方せず」と言われ、仕事、事業、商売のことだけでなく、病気、家族間の心配事が加わり、

悩みごとが多発すると言われています。

そのせいでストレスが溜まったり、心身のバランスが崩れたり。

集中力が欠けることによってのトラブルを呼び込み、悪循環になりやすい状況になりやすいです。

厄年にやってはいけないことは何ですか?

諸説、家を建てる、結婚、就職、など、新しい事を始める、大きな決断をする。

というのは避けた方がよいと言われていますが

充分な注意を払い、どうしても心配な時は厄除けなどをしてから行うとよいでしょう。

厄年は何歳ですか?

男性の厄年は25歳・42歳・61歳、女性の厄年は19歳・33歳・37歳と言われています。

厄年には本厄の前後1年を「前厄」「後厄」と呼び、これらの年も注意が必要とされています。

現代向けに新厄年として、男性が24、37、50、63歳、女性が25、39、52、63歳という説も出てきています。

本当に当たるオススメ電話占い3選
おすすめNo.1

電話占いウィル

口コミ評価 4.65

\ こちらのページ限定特典あり /

おすすめNo.2

電話占いピュアリ

口コミ評価 4.50

\ 初回15分無料鑑定キャンペーン中 /

おすすめNo.3

エキサイト電話占い

口コミ評価 4.22

\ LINE限定特典もスタートしました! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次